レッスン

ライザップゴルフレッスン2日目「花の呼吸、60ヤードの型」篇

ライザップゴルフのレッスン2日目を迎えました。

先週のレッスン初日では「30ヤードの型」を教えてもらい、自宅でも手振り練習でイメージを継続。

家でのトレーニング方法もLINEで教えてもらい、ちょっとずつゴルフを習慣にするべく意識改革中です。

▶▶ライザップゴルフレッスン初日の記事をまだ読んでいない方はこちらをチェック

この記事では、ライザップゴルフのレッスン2日目の内容をアベレージゴルファーのkiki golfer編集長が本音でお届けいたします。

(ちなみにレッスン内容はカスタマイズされているため、お一人ずつ異なります。)

こんにちは、キキゴルファー編集長のロッシです。
ゴルフ歴は8年、安定した100切りができないことが悩みのアベレージゴルファーです。
30ヤードの型を習得し、今日が2日目のレッスンとなりました。
すべてのアベレージゴルファー(読者)のために、ライザップゴルフのレッスン内容を本音で体当たりレポしていきたいと思います。

ライザップゴルフレッスン2日目(sec.3&4)


(写真:レッスン開始前に全集中する編集長)

富井トレーナーのレッスンは、毎回ドライバーの一振りからスタートします。

このドライバーの一振りというのは、ラウンドに出たときの早朝一発目のティーショットをイメージしてくださいというもの。

実際のラウンドで結果を出すためには、そのときと出来るだけ同じ状況を想定して練習することが大事と言うのです。

編集長、今日もドライバーから行きましょう。
ただし一発だけです。準備運動や素振りの具合もできるだけコースに行ったときと同じ程度でお願いします。
本番のラウンドでも朝一のティーショットは体がかたくて緊張もしますよね。
その状況でもナイスショットを出すためには「慣れる」ことが重要です。

なるほど~。ライザップゴルフは完全個室の屋内ブースですが、そう言われると一気に緊張感がでてきました。

そして今日のティーショットの結果は、、チョロ(汗)

こういうところがダメなんですよね。アベレージゴルファーあるあると言い訳しておきましょうか。

でもこういった実践的な練習は、月1のアベレージゴルファーにとっては最も効果的だと思いました。(くそ~次回こそは・・)


(写真:練習ブース内で毎回用意されるワンセット)

ちょっと余談ですが、編集長が感じたライザップゴルフの隠れた魅力を一つご紹介。

ライザップゴルフのレッスンに行くと、毎回お水とおしぼり、そして練習ウェア一式を用意してくれるのです。

こういうさり気ない気遣いが嬉しいですよね。ちょっとしたVIP感覚が味わえて毎回気分がいいものです。

2日目のレッスン内容

レッスン2日目は、前回の30ヤードの型の延長線上にある60ヤードの型の練習です。

アベレージゴルファーといっても、あまりなめてもらっちゃ~困りますよ。


(写真:60ヤードのショットを打ってみる編集長。テイッ)

なんてことは言えませんが、30ヤードの型よりもスイング幅を少し大きくしただけなので簡単!だと思ってました・・。

編集長、振りが少し大きくなると手首を使っちゃってますね~。
手首の動きはよくないです。
できるだけ手首の動きをおさえてフォローを大きくとる!くらいのイメージがいいと思います。
ポイントはダフるです。

ちょっと、ポイントはダフるって大丈夫ですか・・。

ダフるのはよくないという固定概念がありましたが、富井トレーナーが言うには私の持ってるウェッジならダフるイメージで打つのがちょうどいいのだそう。

そして、私のスイングの癖(手首の動き)を踏まえたアドバイスが「ダフる」ということのようで、分かりやすくアドバイスをしてくれました。

おそらくこれはすべてのアベレージゴルファーに当てはまるアドバイスではないかもしれません。

私が持ってるクラブの特性とスイングの癖にとっては、バッチリハマるアドバイスだったのです。

単純なマニュアル指導ではない。その人に合った教え方をしてくれる

これこそが、マンツーマンで専属トレーナーがついて教えてくれるライザップゴルフの真のすごさだと感じました。

今日のおさらい:60ヤードの型


(動画:60ヤードの型を教えてもらった編集長)

ライザップゴルフレッスン2日目はここまで。

前回レッスンの延長線として、60ヤードの型を教えてもらいました。

30ヤードの型、60ヤードの型、この2つがスイングの核になりショートゲーム攻略のカギになるとのこと。

そして今日もレッスン終了後に、富井トレーナーからLINEが届きました!


(写真:富井トレーナーからきたLINE一部抜粋)

富井トレーナーが練習時に撮影してくれた画像や動画もあわせてLINEで送ってくれました。

あとから見て良いイメージが残る動画だけを送ってくれます。それが上達に向けて重要なことなんだとか。

LINEで送る内容にまで気を配ってくれるなんてもはや神の領域

次のレッスンはいよいよもっと大きなスイング型ということで、ドライバー練習かな?(ワクワク)。次回のレッスン記事もお楽しみに。

次のレッスン記事を見る

\あなたも最初はここから体験/
「ゴルフ力診断」を予約する
※「電話予約」より「WEB予約」の方がスムーズで便利です。

その他:ライザップゴルフ関連記事

ゴルフレッスンに関する記事一覧

関連記事

  1. レッスン

    ライザップゴルフレッスン3日目「風の呼吸、大きな動きの型」篇

    ライザップゴルフのレッスン3日目を迎えました。この日は何やら元…

  2. レッスン

    ライザップゴルフレッスン初日「水の呼吸、30ヤードの型」篇

    ついにライザップゴルフのレッスン初日を迎えました。先日の初回カ…

人気記事

特集

 

 

 

  1. 関東

    土日でも安い!関東で人気の格安ゴルフ場をチェック【初心者向け7選】
  2. 埼玉県

    東京オリンピックが開催されるゴルフ場はココだ!【2021年五輪・埼玉】
  3. 沖縄県

    沖縄県で「初心者におすすめ」の人気ゴルフ場ランキング【7選】
  4. 静岡県

    浜松周辺でおすすめの名門ゴルフ場5選【静岡県西部の名門コース】
  5. 神奈川県

    土日でも安い!神奈川県で人気の格安ゴルフ場をチェック【初心者向け7選】
PAGE TOP